アンビエンテな日々

LINEスタンプ作りました(仮)後編


前回のブログ(LINEスタンプ作りました(仮)前編) の続きー

 

image3

 

スタンプの申請をだすも、LINEさんに駄目出しされてやり直した山手。ヤクルトスワローズのユニフォーム着ている写真をやめたのはよい判断だったと思うんですよね。でもユニだけなら案外通るのかも^^; この辺の判断基準はテストしてみてないので不明です。

 

 

で、前回の最後に書いた、再申請出したときに、一つ気になっていたこと。

元写真はこれでした。 

 S__32743426

 

金沢に旅行に行ったときの写真なんですが、ビールの缶に「金沢 百万石BEER」の文字が輝いていましたヾ(*・∀・)/ 。撮影したときはわざとみえるように撮りましたが、今回のスタンプ制作に関してはどうなんだ?と、チラッと頭をかすめたのに、そのまま再申請ボタンを押してしまいました。

 

 

同じようなシチュエーションの写真は他にもありましたが、スタンプにしやすそうなものを選ぶのが、なんとも難しかったのと、前のブログで書いたとおり、リジェクトで2つのスタンプの写真選びなおしからやる必要がありまして・・。2枚を差し替えるだけでも写真選びと、それにあわせてセリフつけるのがめんどくさ・・ 大変だったため、判断を誤ったんですよね・・・

 

で、再審査の結果を待ったわけですが、予想通り、またもリジェクトです(´;ω;`)

 

 

今回もLINEさんリジェクトの理由を教えてくれます。親切ですネ。

 

LINE さん「01のスタンプ(金沢のビール)NGね。商品名とか入ってるのはダメだから。」

山手「あ、やっぱり・・・でも、それならそれで1回目のリジェクトで言ってくれたらよかったのにぃ・・」

LINE さん「あとねー、01、02、03、04、05、06、07、08 のスタンプNGね。」

山手「・・・・・・・はぁ???01から08までって全部じゃない?・・・どうゆうこと?」

もうね、山手の脳内で「クラリネットをこわしちゃった」リフレイン状態です。

 

LINE さん「山手がさ、この画像の権利持ってるかが、わかんないんだよね。」

(山手フィルター通してます。実際はもっとちゃんとお堅い文章で届いてます。)

山手「ちょw・・・・・・権利って・・・全部私だよっっっ」

 

 

 たとえばですね、この写真たち。

image8

 

image9

 

こちらを切り抜いたスタンプに関しては、どちらの写真も山手ですが、上は「戦国フォトスタジオSAMURAI」(自分のところのスタジオ)での本格甲冑撮影&プロデザイナーのCG加工が入っているし、花魁の写真も浅草の「変身スタジオ七色」さんでヘアメイクもしてもらってプロカメラマンに撮影してもらった写真だし、使って問題のない写真か?と問われるのはわかるんですが、

 

でもね・・・

image7

 

これとかさー(母からの贈り物の桃と山手)、

あと、 

image5

 

これとかもさーーーー(グリーンの全身タイツ。中身は山手。)、駄目なのーー??なんでーーー??

もうさ、わかんないからとりあえず全部NGとかいったんじゃないのー?

 

なんてグズグズと言っておりましたところ、友達に「写真を使うってことがダメなのかな?」と言われて、冷静になりました。いやいやそんなわけない。スタンプの申請について、とかもう一度チェックしなおしました。

 

 

申請の際に、写真ですか?って項目があってチェックを入れてます。

でも、LINEさんにはこの写真が私ってわからないか・・そうか・・・。

さらにライセンスの証明などができる箇所があります。作品の確認できるURL入れたり、その他補足を記載できる箇所がありました。この辺、PCならすごくわかりやすかった。最初はスマホで申請したので、なんだかかるーく通り過ぎてしまった気がします^^;

 

 

なので、まず『戦国フォトスタジオSAMURAI』のURLを記載して、補足に

「このスタジオのスタッフです!甲冑着て写っているのは自分です。CG加工してる背景もスタジオのオリジナルで問題ないです。それ以外の写真も全部本人です。」

と力いっぱいの宣言。&ビールの銘柄を塗りつぶして、ビールと書く(←だんだん雑に(´・ω・`))

 

ということであらためて、3度目の審査申請!!!

 

で、再び「審査待ち」からのー、「審査中」になって・・・・(「審査中」が長い^^;)

ようやく無事にOKでました!!!

販売するボタンをおして反映されるのを待ちまして、スタンプを買ってようやくLINEスタンプとして使えるようになりましたーーー。

 

yamate

 

 

山手スタンプの完成ですヾ(*・∀・)/

最初にも書きましたが、LINEのクリエータースタンプでの検索にはヒットしないようにしてます。販売URLを知っている人か、このスタンプを受け取った人しか買えません。スタンプ見てみたいって人は山手までご連絡を(笑)

 

家族だけのスタンプを作りたいという場合も、プライベート設定をしておけば、検索にはかからないので自分たちだけで使うことができますよ!

 

 

最初にスタンプ申請の為に登録したメールが7月25日の日付で残ってまして、販売開始が8月15日。自分の認識の甘さがあったとはいえ、結構時間がかかりましたねー。

 

 

★★あらためてLINEスタンプのポイントまとめてみました。★★

 

★今回スマホのアプリでも簡単にスタンプ作れるよ、に挑戦したかったのでやってみたけど、一発で申請OKがもらえないとスマホアプリだけでは厳しい。(リジェクト入ると結局アプリ上では無理)

 

★一発でOKもらうためには、顔だけに切り取るのがベスト!洋服のブランド、背景に映るアイテムたち、そして、スタンプのセリフについても、商標とか、著作権とかに絡むとリジェクトもらっちゃいます。

 

★申請のとき、写真を使っている場合は「写真を使用している」にチェック。その上で「●●家の家族の写真です。」など補足を書くといいかもしれないです。

 

★楽しい場所でも他人が入っているとNG出る可能性が高い&背景なども映りこんでくるので、なにかしらでNG出る可能性が高い。たとえばディズニーランドとかわかる写真は絶対無理だと思います。

 

★スタンプに載せるコメント、セリフは、スタンプを誰と使うかを想像したときにその人とよくやり取りしてる言葉がおすすめ。家族なら、「おはよう」「おやすみ」「いってきます」「今からかえります」「電話して」などでしょうか。せっかく作ったスタンプ使いたいですよね。

 

 

ということで、LINEスタンプ作ってみた(仮)でした。

次はちゃんと皆さんと使えるスタンプが作りたいな~~~

 

 

アンビエンテのLINE@です。山手がご質問にお答えします!
ぜひ友達に追加してお得情報を受け取ってください!
友だち追加数

友だち追加についてこちらの記事でご紹介中です。

 

にほんブログ村 写真ブログ 結婚写真へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>